FC2ブログ

Home > ライター Archive

ライター Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

パールのようなモノ?



モノポール(Monopol)、いいライターですよね。
僕は、同じコリブリ(Colibri)のライターでは通称キックスタートと呼ばれるコレ



のアナログな古めかしさが大好きで、総じてオートマチックライターは味気ないと思ってます。
押せば点く。放せば消える。これって、突き詰めれば100円ライターと同じじゃないですか。
せっかくなら煙草に火を点けるという行為そのものを楽しみたい。遊びの要素がほしい。
そういった視点からは、モノポールは確かに使い易そうではあるけれどあまり魅力的とは思えなかったんですね。
それでも評判の良さが気になっていたのは確かで、たまたまeBayに捨て値で出ているのを見つけて手に入れてみたという次第です。



機構そのものは特にどうということもないオートマチック。
着火ボタンを押し下げるとウィッグカバーが持ち上がり、同時にヤスリが回って着火。離すと消化。それだけ。実にシンプルです。
確かに着火率の高さやオイルの持ちの良さといった基本性能は優れている。シンプルながら各所に曲線を配したデザインもなかなか愛らしい。
けれど、遊びの要素は皆無。キックスタートのような意外性のある動きもトーレンス(Thorens)のような機械仕掛けの面白さもなにもない。

なのに、何故だかモノポールでの着火には充実感というか確かに火を点けた、という実感があるんですね。
多分それは、着火時の感触。クラッチ板が回転する際にクチンッという控えめな金属音とともに指に伝わるクリック感。その心地よさからくるものなのだと思います。
Zippoの開閉音もそうですが、広く愛される道具には本来の機能とは別に、その動作によって使い手の行動にある種の句読点を打つ要素があります。
設計段階から意図されたものなのかどうかはともかく、モノポールのこの小気味いいクリック感もそういった人々に愛される句読点の一つなんでしょう。



愛嬌があって、気持ちのいい使用感、そして仕事はキッチリやってくれる。
本当にいいライターだと思います。


さて。
2個セットで送料込み7英ポンド少々という笑っちゃうような安値で手に入れたモノポールですが、
もちろん安いなりの理由もちゃんとあって、1つは装飾がはがれて下地剥きだし。もう1つも表面のクローム鍍金がかなりくたびれていました。
写真で見るとまずまずきれいなんですけどね。実際に手に取るとなんとなくしょぼくれている。
徹底的に分解掃除はしたけれど、外観の経年劣化だけはどうしようもありません。

それに、使うにつれてやはり不満も出て来ます。
僕が乾燥肌だということもあるんでしょうが、クローム鍍金の側面で指が滑ってホールドしづらいんです。



そこで、思い切ってちょっと手を入れてみることにしました。目的は、ちょっとアレな外観とホールド性の改善。
外観の傷んだライターのプドレスアップといえば革巻きが定番なんですけど、見た目のいい薄手の革が手持ちに無くて手配にはちょっと時間がかかる。
なので、革巻きは後回しにしてまずはよりお手軽なシェル貼りを試してみることにします。



用意したのはイカ釣りの餌木に使う天然アワビシート。
貼り合わせなので模様に不連続部分があるのが少々気にはなりますが、裏面が粘着シートになっていて扱いが容易。
なにより、安い(笑)
それと、表面をコーティングするためのウレタン液。
貼り付けたアワビシートの保護と同時に、クローム鍍金面に塗布することで摩擦係数を高めることを狙います。

アワビシートにはモノポール全周に巻きつけられるだけの長さがあるんですが、曲面をきれいに処理するのが面倒ですし全身アワビ模様はなんとなく下品な気もします。
そこで、スクエアにカットしたシートをオンレイするだけにとどめ、幸い鍍金の傷みが殆ど見られない側面はクローム鍍金の地のまま残すことにしました。



方針が決まったので、早速クラフトナイフで切り出し。
このモノポールは市松模様のパターンが入っているので、その外周にぴったりなサイズを採りました。
ちなみに、
切り出す際に一気に刃を立てるとシェル地が欠けますので、何度も軽く線を引くようにして少しずつ切り込みを深めていくのがコツです。



モノポール表面をアルコールでしっかり拭いて脱脂した後、切り出したシート裏面のはくり紙を剥がして慎重に位置あわせして貼り付けます。
アワビシートには結構固い張りがあるので気泡や皺に気を遣う必要は殆どありません。iPhoneに保護シート貼るよりははるかに簡単です。



そしてウレタン液でコーティング。
ルアーや餌木では強力な塗膜を作るためにウレタン液にドブ漬けするのが一般的ですが、ライターの外装ではそこまでやる必要はないでしょう。平筆で厚塗り&乾燥を数回繰り返せば十分です。
なるべく筆目が残らないように一方通行でさっさっと手早く塗ってしまいましょう。

また、シートエッジ部の角が立っていると、ポケットの出し入れで引っかけて剥がれたり欠けてしまったりとトラブルの元になりますので、ウレタン液を盛り気味にして断面ごと塗り込めておくと安心です。

一度塗ったら半日程度乾燥させてから二度塗り三度塗り。しっかりした塗膜が形成されるまで繰り返します。
より徹底的にやるなら1000-2000番の耐水ペーパーで均した上でコンパウンドを掛けて仕上げると良いでしょう。
まあ、多少の凹凸が残っても、むしろホールド性が高まるくらいに考えた方が気が楽ですけどね。



はい、できあがり。
ウレタン塗膜の軽い摩擦感と下地のアワビの微妙な凹凸のダブル効果で、当初のクローム鍍金よりもホールド性が大幅に向上。とても使いやすくなりました。

今回使用したアワビシートの見た目には好き嫌いもあるでしょうが、
カッティングシートやステッカーなど何でも代用できますし、もちろんモノポール以外のライターにも使える手法です。
なによりも不可逆な改造は一切行っていませんから簡単にオリジナルの状態に戻せるのがキモ。
見た目のちょっと残念なライターをお持ちなら気軽に試してみると楽しいと思いますよ。

以上、「パールのようなモノポール」カスタムレポートでした。

monopols

あれ?1個増えてる(笑)

Index of all entries

Home > ライター Archive

タグクラウド
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。