FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > パイプリストア:破損リップの補修記録#8(黒瞬着盛り2回目&研削・完成)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://daizy844.blog27.fc2.com/tb.php/10-fba344c4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 煙ゲル係数 - Engel's coefficient -

Home > スポンサー広告 > パイプリストア:破損リップの補修記録#8(黒瞬着盛り2回目&研削・完成)

Home > パイプリストア > パイプリストア:破損リップの補修記録#8(黒瞬着盛り2回目&研削・完成)

パイプリストア:破損リップの補修記録#8(黒瞬着盛り2回目&研削・完成)



修正作業、終わりました。

と、また大幅に途中省略してますが、
前項からの作業内容は、エポキシ露出部のペーパー研削(#60~120)、黒瞬着再塗布、ペーパー研磨(#400~2000)、コンパウンド研磨、です。
要は前回やったことの繰り返し。
既に欠損したリップの再形成作業は完了していますので、あとは見た目とリップ周辺の触感をどこまで突き詰めるか、と言うスタンスに移行しています。
まあ、見た目が綺麗で咥えてすべすべであることに越したことはありませんしね。



1回目の黒瞬着研削で露出しまくっていたエポキシも、黒瞬着の層でほぼ完全にカバーされています。
写真では多少各部のつやに差異が見えますが、手にとって眺めても殆ど気にならないレベルです。
リップの山の形状もほぼ完璧で非常に快適な咥え心地。
…例のエポキシに若干の弾力感があると言えばあるんですけどね。
これもある程度は経時硬化する筈ですし、強烈に噛み締めでもしない限り実用上の問題はなさそうです。

パイプ本体(スタンメル)もリストア全工程を終え、戦列復帰の準備は全て整いました。
あとは煙草を詰めて火を入れるだけ…。



今回の一連の作業で、
欠損したリップの再形成という個人レベルではかなりの重修理と思われる補修も比較的容易にこなせることが分かりました。
使用する接着剤の選択や工程の更なる合理化等、改善の余地はまだまだ有りますが、

GBD Prehistoric 9438

こんなどろどろぼろぼろのパイプでも、



こんなにまで甦らせることができる、ということを知っていただければ
そして、廃棄寸前のパイプにちょっとした手間を掛けることで第一線に復帰させてやっていただければ、
とても嬉しく思います。



最後に。

復活なったGBD Prehistoric 9438、
むちゃくちゃ美味いパイプでした!


やっぱりなあ。
どろどろになるまで酷使されたパイプってのは、美味いからこそどろどろのぼろぼろになるまで使われるんだよ。
だから、ちゃんとメンテナンスさえしてやれば、百戦錬磨の激旨パイプとして復活してくれるに決まってるんだよ。


さあ。
それじゃあ、次のどろどろでぼろぼろな激旨パイプを探しに行こうじゃないか!
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://daizy844.blog27.fc2.com/tb.php/10-fba344c4
Listed below are links to weblogs that reference
パイプリストア:破損リップの補修記録#8(黒瞬着盛り2回目&研削・完成) from 煙ゲル係数 - Engel's coefficient -

Home > パイプリストア > パイプリストア:破損リップの補修記録#8(黒瞬着盛り2回目&研削・完成)

タグクラウド
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。