FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > パイプリストア:破損リップの補修記録#5(盛りつけ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://daizy844.blog27.fc2.com/tb.php/7-7f967c32
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 煙ゲル係数 - Engel's coefficient -

Home > スポンサー広告 > パイプリストア:破損リップの補修記録#5(盛りつけ)

Home > パイプリストア > パイプリストア:破損リップの補修記録#5(盛りつけ)

パイプリストア:破損リップの補修記録#5(盛りつけ)

リップの造形に入ります。
まず最初に、細めの綿棒等を使って充填したひっつき虫の表面に油を塗ります。
こうしておくと、後でひっつき虫を掻き出す際に盛った接着剤からからすんなり離れてくれます。
僕は潤滑用のシリコンオイルを使いましたが、オリーブ油などでもいいでしょう。
ただ、鉱物油はひっつき虫や練り消しと相性が悪いかもしれません。事前に確認しておくことをおすすめします。
また、リップの接着部位に油が付着すると接着剤が食いつかなくなるので要注意です。
結構神経を使うので、後で多少手間が増えるのを厭わなければこの工程は省略してもかまいません。



2液式のエポキシ接着剤を気泡が入らないよう気をつけながらよく混ぜ、ひっつき虫の上に垂らしていきます。
硬化が始まると充填剤表面に満遍なく行き渡らなくなりますので手早く盛りつけます。
欠損部周辺の摩耗した部分、さらにその周辺までエポキシで覆います。
前処理の際に布ペーパーで荒らしておいた部分を少し周辺に残すくらい。
この周辺部はエポキシの上から更に塗布する黒瞬着が食いつくスペースになります。




ここで今回作業して気づいたことを補足しておきます。

上の図は今回のリップ補修のイメージです。
欠損部は外に向かって開いたすり鉢状を形成していて、今下左図の赤い部分にエポキシを盛ったところです。
実際はもっと高く盛り上げているわけですが、エポキシ硬化後にこのくらいの厚みまでエポキシを削り、
さらその上に黒瞬着を盛り、最終的にペーパー研磨で形を整えて完成するわけです。
要は、再形成する構造部は頑強なエポキシに任せて黒瞬着はあくまで目隠しの表面塗料として使う手法です。

問題は、今回の破損部の形状です。
すり鉢状の欠損部にエポキシを盛ったわけですが、接合強度はエポキシの食いつきに依存しています。
硬化の際のヒケ量と食いつき強度によってはせっかく盛ったエポキシがぽろっと取れてしまう可能性があります。
というか、実際取れました(笑)

対策としては下右図のように破断面を加工(すじ彫り程度でも良いと思います )してやれば良いと思うのですが
正直言ってかなりの手間ですし、下手をすると更にダメージを加えてしまう可能性もあるので判断に悩むところです。
今回は、取れてしまったエポキシ塊と接合部を再度エタノールでで脱脂の上、黒瞬着をたっぷり塗って接着しました。
これはこれでそれなりの強度を保っているようですので、あまり難しく考えずに「取れたらくっつければいい」くらいのスタンスで作業した方が精神衛生上良いかもしれません。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://daizy844.blog27.fc2.com/tb.php/7-7f967c32
Listed below are links to weblogs that reference
パイプリストア:破損リップの補修記録#5(盛りつけ) from 煙ゲル係数 - Engel's coefficient -

Home > パイプリストア > パイプリストア:破損リップの補修記録#5(盛りつけ)

タグクラウド
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。